住宅ローン・特約の配信ウェブサイトです。住宅ローン・特約について知らなくても、このウェブサイトを活用して詳しくなることが可能です。

住宅ローン 特約

住宅ローンを考えている人のための仕組みのお話


HOME



ローンの特約とは


住宅ローン 特約

住宅を購入する時の条件の一つにローン特約があります。
売買契約時にローン特約をつけることは大事なことなのでしょうか。
売買契約を行った時に、ローン特約をつけてあると、もしも住宅ローンが使えなかった時には売買契約そのものが無効化されます。
売買契約書にローン特約が無い場合には、何らかの形で売買代金に充てる資金を調達しない限り大変です。
一度取りきめた契約を白紙に戻すには、違約金や、損害賠償金が求められるという場合もあります。
仲介業者側の責任も、追求する必要が出てくるでしょう。
事前審査などで住宅ローンの契約内定があったからと、ローン特約をつけずに住宅の売買契約をしてしまった時に起こりえます。
もしも、一旦はローンの内定をもらっていたのに、審査でつまづいたとなると、何かが関わっていると考えられます。
内定の時はOKだったけれど、審査で断られたというのは、書類に正しくない部分があった場合などが該当します。
買主に何ら責任がないとしても、銀行の審査方針が急に変わってしまったりする場合もあります。
銀行を別に調べることは、手間の折れる作業といえます。
銀行からは融資の内定をもらっているという場合でも、もしもの時に備えてローン特約はつけておいたほうが安心できるものです。

ローン特約の注意すべき点について


住宅ローン 特約

マンションや住宅を買う時には、ローン特約というものがつけられます。
ローン特約をつけておくと、ローンが組めなかった時には契約を白紙に戻すことができるというものです。
手付け金として支払った分も、そっくり手元に返金されてきます。
住宅ローンの利用者は必ずローン特約をつける必要があります。
万が一のトラブルを回避するためには、ローン特約をつける時にそのローンの名前や内容をはっきりさせておきましょう。
セオリーとしてはそうなっていますが、時に例外もあります。
住宅ローンは、住居を購入する時とほぼ同時期になりがちです。
もしも、新築のマンションを購入する時のように、売買契約から受け渡しまでが1年近くかかるという時は、早くからローンを組む必要はありません。
条件を曖昧にしないためには、ローンの内容をはっきりさせておいた方がいいでしょうが、どう対応しておくと確実性が増すでしょう。
明確化させるのは、住宅ローンの内容です。
最終的に利用する住宅ローンは記載のローンに関わらず買主がその条件等において承諾するものに変更できるという一文をローン特約に追加してもらえば良いのです。
売買契約時に取りきめた内容でないローンでもいいということをはっきりさせておけばいいわけです。
不動産会社と契約内容について交渉をすることで、有利な条件でローン特約を組めるようにしておきましょう。

売却する側のローン特約の注意点


住宅ローンを組んで不動産を買う場合は、ローン特約をつけて売買契約を交わすことが基本的な注意事項です。
ローン特約があれば、住宅ローン審査が通らない時には売買契約を撤回できます。
仮審査に通っても本審査に通らず、お金が借りられなかった時に、住宅を買う話自体をなかったことにできます。
条文があることで売主は売買契約は成立していても購入する側の住宅ローン審査承認の返答が来るまで不安です。
住宅ローンの審査が終わるまでは、実際に融資が可能かどうか断言はできないものです。
住宅ローンの審査を受けるためには、売買契約書の写しがなければ手続きができません。
住宅ローンを組む時には、絶対に留意しておくべきことといえるでしょう。
もしもローン特約をつけて売買契約を取り交わしたのであれば、知っておきたいことがあります。
住宅の契約ができても、急いで住まいを移さないほうがいいかもしれません。
住宅ローンの本審査が通ったという連絡がきてからにしたほうが良いということです。
住居の購入が決定しても、住宅ローンを利用することができなければ、わざわざ引っ越しをした分が意味がなくなってしまうということがあるためです。
ローン特約について理解した上で、住宅の売買契約を交わすことが大事になります。

住宅ローンの計算


住宅ローンを利用して、借入金で土地と家を買ったという人は少なくありません。
住宅ローンを組んだ場合、支払金額の計算方法とはどんなものなのでしょう。
住宅ローンはさまざまな銀行で取り扱っており、金利のさまざまです。
自分の収入の範囲で、無理なく返せる金額内での住宅ローンを組むためには、返済金額などを計算する必要があります。
住宅ローンを組む時には、今後起きる出来事や大きな買い物なども合わせて考えることです。
具体的にどんな計算をすれば住宅ローンの利息や毎月の返済金がわかるかは、明確に決まっています。
しかし計算は大変ですので、ネットの試算サイトを使ってみてください。
金利、借入金、完済までの期間など幾つかの条件を入れると、月々の返済額やトータルの返済総額がわかります。
サイトによっては、収入や、月々の支出を入力することで、返済可能なプランを計算してくれるところもあります。
ローンの繰り上げ返済をもし途中でしたくなったらどうなるかという計算をすることも可能です。
もしも住宅ローンを実際に組むことになったら、固定金利で借りるか、変動金利で借りるかなど、決めるべきことは色々とあります。
実際に計算してみなければ、金利の差がどう関係してくるかイメージしづらいものです。
家を買う時には、家を買うためのお金以外にも様々な点で支払いが生じます。
シミュレーションサイトの中には、家を買う時にかかる金額も計算できるところもあります。
住宅ローンの利用を考えている人は、シミュレーションができるサイトで計算をして、プランを立ててみましょう。

住宅ローンを計算する場合の注意点


金利や借り借入金額に基づいて色々計算してから、住宅ローンは利用することが大事です。
毎月の支払額がどの程度なのか、今の年収で支払うことができるのか判断しなければ、住宅ローンを組むことはできません。
もしも買うものが住宅でなく分譲マンションだった場合も、気をつけたい点はありますが住宅ローンが使えます。
マンションや家を買う時は、業者のほうが住宅ローンの計算書をつくってくれることが多いですが、多くの場合、金利がより低い変動金利でシミュレーションをしてくるといいます。
変動金利で計算した方が、計算上は支払金額が少なくできるためです。
この程度の負担ならば家賃の支払い同程度だから大丈夫だろうと、安易に考えてしまいがちです。
変動金利で計算しながら、変動がないと仮定して計算がなされています。
将来的に金利が上がったときに、住宅ローン金利も一緒に上がるというリスクを含んでいるのが、変動金利の特徴です。
反対に固定金利はそのリスクを金融会社が背負っているので金利は高めになります。
日本の金利がこれからどうなっていくのか、わかる人はいません。
未来の金利予測ができない中で、変動金利に基づいた計算をすることが、変動金利の難しいところです。
家の購入に踏み切ろうという時に、落ちついてものを考えることは困難です。
ハウスメーカー側が出してきたローンの計算書だけで、ローンを決めるのは危険なことだといえます。

関連リンク・お役立ちリンク





Copyright (c) 2018 住宅ローンを考えている人のための仕組みのお話 All rights reserved.

▲TOP